技術・製品紹介

圧 空 成 型

熟成型法のスタンダード、圧縮空気圧で成型
■特徴
圧縮空気圧で成型することにより、型形状に忠実な成型品を得られます。射出成型品に引けをとらないシャープなラインやシボ模様なども、製品表面に転写することもできます。
●アシスト機構の採用で、角物コーナー部の肉厚確保も可能(材料厚みを薄く出来る)
●型の構造次第で、アンダーカットやリエント形状の成型も可能
■工程
圧空成型フローチャート
■使用する材料
PMMA(アクリル)、ABS、PC、PE、PET
■設備
【設備名】 【所有数】 【使用概略】
小型圧空成型機 3台 φ360x150h(製品形状による)
中型圧空成型機 3台 600x600x200h(製品形状による)
大型圧空成型機 1台 600x1300x200h(製品形状による)
■メリット
部分的なデザイン変更が可能、小ロット生産が可能、材料厚みの変更が可能、複合多層材料の成型が可能、印刷シートや加飾シートの成型が可能
■デメリット
射出成型品に比べ製品代が高い(押し出し材を二次成型するため)、型に当らない面は寸法にバラツキが発生、製法上 不要部分のトリミング加工が必要、大型製品では空圧を下げる必要あり(成型機のプレス能力範囲)